ブログトップ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


ぴよてっく汁

piyotec.exblog.jp


このサイトの名称は「ぴよてっく」のblogサイトです。

<   2004年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧




今年も残すところ


師走で多忙ですが、なんとか生きておりますよ~~
忘れないでねw
[PR]
by opu740 | 2004-12-29 22:41



ペ様

またもや参加させていただきました。
ペペペペペペペペ

題1?回一言ボケ開催!!
[PR]
by opu740 | 2004-12-02 16:28



ハウルの動く城

「今日、ハウる?」

ということで、ハウルの動く城をみてきました。
なんせ、映画の日ですからね。
1000円ですから~!

といっても、うちの会社の映画館なのでいつでも1200円で見れるんですが。
いやぁ、やっぱ映画の日だけあって、混んでたよ。


30人くらいはいたかな(ぉぃ


うちの映画館は人気作品でもゆったり見れていいなぁ~。

で、感想ですが。
けっこう、面白かったですよ。
ストーリーとか、そういったものは、今回はまったくといていいほどないというか、「そういうのは無視の方向で」といったジブリ側の強気の姿勢が見えますね。まあ、「千と千尋」のときもそうだったんですけど、もはや宮崎のオッサンの趣味の世界に入ってきてますね。
なんつうんですかね、「境地に達した」みたいな感じの作品。
だから、逆に爽快で面白いんだよね。
なんつうか、「もののけ」とかみたいに重いストーリーはないわけ。
なんか、魔法で90歳にされちゃったけど、まあいいか、みたいなノリで(本当は違うと思いますが、そういう雰囲気でちゃってる)。
「なんじゃこりゃあ」とか「そんな都合のいい話あるか~」とか「そんな美少年いねー!」みたいな風につっこみたくなるけど、エンディングを迎えるころには、なんか「お、いいかも」って思える、そんな感じの映画ですね。

実際、大人向きの作品に仕上がっていて、子供が見たら面白いのかな?とは思うよね。
やっぱ、キムタクつかってるだけあって、ターゲッツは20代~へたすると40代の女性ぐらいのノリで、そのへんはさすがにマーケティングうまくやってるみたいで、最初のキムタクもとい、ハウルが登場するシーンのあたりは、さすがにぞくぞくっとくるね。「キター!」って感じで、「つかみはOK」みたいな感じになりますよ。
最初は違和感のあるソフィーの賠償千恵子の声も、だんだんしっくりくるようになってくるしね。
今回は、声優はなかなかましでしたよ。カルシファーとか、あと男の子(マルクル?)の役とか、すごいはまってたよね。もちろん、美輪明宏の魔女役もね。

そんなわけで、この映画は「面白かった?」と聞かれると、「うーん」とちょっと考えてしまうけど「まあ、わたしは面白いとおもいますよ」的な作品です。
2、3回みると、味が出てくる作品かも。

最後、見終わってもわかんない点があったんだけど、「なんでハウルはカルシファーと契約とかしたわけ?」って思ったので、いろいろ調べてみたところ、どうやらこういうことらしい。
「カルシファーの正体は、流れ星で、星が地面につくと燃え尽きて死んじゃうんだけど、それを可愛そうに思ったハウルが流れ星のカルシファーを途中でつかまえちゃったわけ。カルシファーはハウルに助けてもらったかわりに、すごい魔力をさづけた」みたいな。
ちょっとちがってるかも。
でもまあ、解釈は個人ナリに自由にすればいいと思う。
映画とは、庶民の娯楽ですよ。
宮崎監督は、そういうのを忘れていない監督だよね。
自分の芸術押し付けるのもいいけど、最終的には楽しませてなんぼ。
宮崎作品が人気なのは、そういうことなんだよね。


ところで、「猟奇的な彼女」のヒロインの次回作のヤツ(名前失念)も観たいなぁ~






映画
[PR]
by opu740 | 2004-12-02 16:13




Since 1997/7/7&2000/2/22&2002/10/1
(c)1997-2000 opu ALL RIGHTS RESERVED.

This page is LINK FREE!!
ディーゼルお断り。