ブログトップ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


ぴよてっく汁

piyotec.exblog.jp


このサイトの名称は「ぴよてっく」のblogサイトです。

■ 続・電車男


みんな感動してるんだな~
電車男。

てわけで、今日も電車男。
本文読むと、もちろん感動で、泣けてくる。
そのあとでも、みんなの熱い感想とかを記帳所とかでよんでると、またうるうるしてくる。

結局さー、なんでこんなに感情移入できて、こんなに泣けてくるのかって考えると、
たぶんあれだよね。
これってさぁ、誰にでもある、初恋とか、初めてのXXみたいなときの気持ち。
それって一応経験してるし、誰でもとおる道なんだよね。
だから自分の追体験みたいな、自分を応援してるみたいな、
電車男に自分がオーバーラップしてくるんだよね。
そんでもって、電車男を見守る名無しさんたち。
っていうか、名無しさんて、まぎれもなく、その他大勢なわけで、
まぎれもなく名無しさん=自分、つまり、その中にも自分が入ってるんだよね。
一般大衆=大勢の名無し、って構図は、やっぱり自分がその中で
リアルタイムに物語にさんかしてるみたいな、妙な一体感を感じてしまうんだよね。
電車男が「ありがとう>おまいら」とか書いてるのって、
自分に対して言ってるのかなって錯覚しちゃうって言うか、
リアルで自分に問い掛けてきてるよ、電車男!

あの、昔あった「ネバーエンディングストーリー」のバスチァンと女の子(ムーンチャイルド)みたいな感じに最後のほうはなってくるんだよね。
話がそれるけど、もし映画化するんだったら、ネバーえんでぃんぐすとーりーみたいな感じで展開してほしいね。
バスチャン=名無しさんが主人公で、別のパラレルワールドで電車男(アトレイユ?)が物語をすすんでいくわけ。
要所要所で、アトレイユが「めし どこかたのむ」とか問い掛けて来るんだよ。
けっこうくるよなぁ、これなら映像化しても。

で、だから、電車男にも感情移入できるし、おまいら(名無し)にも感情移入できてしまうんだ。
これだけ感情移入度が高いと、もうリアルとバーチャルの区別つかずに、
おもいっきりどっぷりつかれちゃうんだよね。
ぼく意外にも、ほとんどのひとが、3時間ないし4時間、ぶっとおしで
過去ログ読んで、最後には泣いちゃってる。

何回でも読みたくなる、読んで、自分の心が綺麗になっていく、
そんな物語なんだよ。
男はもちろんのこと、女でもやっぱり泣けてきちゃうらしい。

・・・って、こうやってブログ打ってたら、うるうるきちまったよ・・・

やべー、最近涙腺よわくなってきたかなー。

とにかく、電車男、おすすめです。
(書籍版がおもしろいかどうかは見てないのでわかりませんが)

電車男
中野 独人 / 新潮社
ISBN : 4104715018
あらすじ:
「電車男」とは、生まれてから一度も彼女のいたことがなかったアキバ系のオタク青年(後の電車男)が、ある日電車の中で女性に絡んだ酔っぱらいを撃退したことから、恋が芽生えていく過程を記録した純愛ストーリー。女性と接した経験が一切ない青年を、2ちゃんねるの住人たちが煽り、励まし、デートの指南をし、交際が発展していく様が、独特の臨場感や一体感とともに綴られている。
[PR]
by opu740 | 2004-10-29 23:16




<< 液晶テレビ購入計画第一案(嫁に... うほっ >>
Since 1997/7/7&2000/2/22&2002/10/1
(c)1997-2000 opu ALL RIGHTS RESERVED.

This page is LINK FREE!!
ディーゼルお断り。